便秘で肌荒れを起こしやすいわけ②

便秘だと肌荒れを起こしやすいワケ ②

便秘だと肌荒れを起こしやすいワケ①で説明したように腸内環境が悪化すると有害物質の一部は最終的に肌から汗や皮脂と一緒に毛穴から出ます。
すると、皮膚は腸から発生した有害物質を早く体外へ排出しようとし、本来の皮膚の大切な役割である肌のターンオーバー(代謝)機能が低下し、肌荒れが進む現象が起こります

肌の代謝機能が低下することで、新しい細胞が生まれて表面の肌へ成長し、古い細胞は皮膚から垢として剥がれ落ちるといった約6週間の肌サイクルや細胞の分化に悪影響が出て、肌荒れやニキビ、吹き出物などの肌トラブルが生じてしまってるのです。

腸内環境を良くするために色々されてるが変化がない方は
腸の働きを良くする事で改善される方もいます。

気になる方はLINEでご相談も受け付けてます。
ID @998jxapx

お気軽にご連絡ください。
08090225729

PAGE
TOP