生理痛は下腹部を温めろ!


【生理痛は下腹部を温めろ】

おはようございます!
お腹専門店 松井です。

生理痛は下腹部の冷えが大いに関係してるんです

ストレスが引き金の事もありますが
特に下腹部の冷えからも起こるのを知ってましたか?

またはお腹を触った時に冷たいなと感じている人いないですか?

子宮の周りには腸や膀胱や大きな血管があります。
子宮自体から冷えるより
その周りから冷えて行く確率の方が高いですよね!
普段の生活で胃腸を冷やしてないですか?
普段の生活で下半身冷やしてないですか?

子宮内や周囲の血流が冷えていると
子宮の動きが鈍くなり、
うまく子宮内膜を押し出すことができません。
そのため、体は子宮内膜をより強く押し出そうと
過剰にプロスタグランジンを分泌します。
その影響によって血管がより強く押し広げられ、
子宮もより強く収縮することになり生理痛が増します。
※プロスタグランジンは痛みの物質の一つです。

生理痛でお困りの方は
普段から身体やお腹が冷えている可能性があるのでカイロや腹巻きを普段からしてくださいね。
足首や足元を冷やすと簡単にお腹は冷えますよ!

今回の写真はお腹が冷えている方に腸もみの施術をしたBeforeAfterです。

※サーモグラフィーですが、
温度が低く色が赤く良くなかった部分が
施術で温度が高くなり黄色くなっていることがわかります。
青色はもっとも温度が低い所です。

胃腸や内臓の温かい状態を作ると
子宮の周りが温かくなり
子宮を保温してくれて
常に子宮が温かい状態を作れますよ!

何か質問があれば気軽に”松井”
までコメントしてね!

———————

お腹専門店
PIONA【ピオナ】
大阪市中央区本町4-4-4-17RE-012 307号
080 9022 5729
不定休
営業時間
平日土日祝10:00〜22:00
〔最終受付〕21:00
最終受付は目安ですので
TELで調整可能です。
本町駅より徒歩2分

注)食事直後90分くらいは避けてください。
注)妊婦中、または妊婦の可能性がある場合も避けてください。

PAGE
TOP