過敏性腸症候群のセルフチェック!


過敏性腸症候群セルフチェック
過敏性腸症候群はIBSとも呼ばれ、腸にポリープや炎症などの疾患がないにもかかわらず、慢性的(1カ月前後以上)に腹痛を伴う下痢や便秘などが起こるのが特徴です。
排便をすると症状が軽減する傾向があります。原因は諸説ありますが、自律神経が異常を起こし、腸の蠕動運動にトラブルが生じることで発症すると考えられています。
過敏性腸症候群の治療は重篤な病気でないことを確認してから治療を開始したほうがいいです。

チェック項目の中で当てはまるものがあらば注意してください!

1~7の症状がある方は、過敏性腸症候群が疑われますが、8~10までの症状もある方は、より重篤な病気の可能性があります。

過敏性腸症候群は

腸にポリープや炎症などの疾患がないのに、慢性的に腹痛を伴う便秘や下痢などが起こって、排便すると痛みが軽くなるのが特徴です。大きなストレスを感じることで自律神経が異常を起こし、腸の蠕動運動にトラブルが生じることで発症すると考えられています。

過敏性腸症候群の原因は
主にストレスです。

過敏性腸症候群になる流れ
ストレス → 不安状態 → 自律神経の内分泌が促進 → 腸の収縮運動激化

過敏性腸症候群の治療は
①食習慣や生活習慣の改善
②服薬治療
③腸もみで自律神経を整える
④心理療法

過敏性腸症候群は日常生活で作り上げている事が大半です。
チェックで当てはまるものがあった方は
日々、ご自身で注意してあげてくださいね!

当店は赤ちゃんからご高齢の方まで様々な方がご来店されています。
お腹の事でお悩みがある方や気になる方はLINEでご相談も受け付けてます。

お腹専門店PIONA【ピオナ】
大阪市中央区本町4-4-4-17RE-012 307号
080 9022 5729
不定休
営業時間
〔最終受付〕21:00
平日土日祝10:00~22:00
最終受付は目安ですので
TELで調整可能です。
本町駅より徒歩2分

注)食事直後90分くらいは避けてください。
注)妊婦中、または妊婦の可能性がある場合も避けてください。

#過敏性腸症候群
#お腹専門店PIONA
#ストレス
#便秘
#下痢
#お腹の張り
#腹痛

PAGE
TOP