40代女性 冷え性、妊活のための温活


40代 女性 冷え性,平熱が低い,妊活の為の温活

2人目の妊活を始めるところで
カラダの状態をよくさせておきたいという事で来店。
体温は35.5度と36.5度には程遠く、
下腹部の冷えや末端冷え性もあり
子宮周辺が服の上からの触診やサーモグラフィー画像での検査でも冷えていました。

自律神経の乱れで神経の興奮し交感神経優位になっていると末端は冷えやすい環境になります。
それに伴い、交感神経優位だと腸は拡張しているような状態になりお腹の中の体積が増えるため
腸の動きが低下しカラダの核となる部分での発熱量が低下してしまいます。
交感神経優位だと身体の末端は冷えやすくなりむくみも出やすくなり
末端で冷えた血液は心臓に戻る時にお腹を通るためにお腹も冷えてしまいます。
これによりお腹の下腹部が冷え、冷えた血液が循環するため体温が35.5度と低い状態でした。

腸の働きUPや冷えや子宮の状態をよくするツボを刺激しながら
お腹を施術しお腹の中の腸の緊張や身体の緊張を取り除き
温める機器はお腹の深部の内臓(子宮や膀胱)や胃腸を温め

それを行うことでリラックスし副交感神経が働く事で腸は収縮しやすくなる事で
働きやすくなりお腹は柔らかくかつ動く事で発熱するようになり
腸が子宮に熱を分け与えるだけではなく子宮へのストレスも減少することで下腹部の冷えはだいぶ改善され、末端の冷えも改善。
体温は36.5度の最低でもあって欲しい体温まで徐々にですが上がってくれました!

お子様が出来ることを願っています!

PAGE
TOP